メーリングリストのご案内


■各種MLのご案内■MLのしくみ■MLの使い方■MLでの禁止事項

2003/04 現在


■明珠会各種メーリングリスト(ML)のご案内

1.明珠会ML(meisyukai@freeml.com)

明珠会MLは会員のためのメーリングリストです。
会員以外はメールを出せません(迷惑メールを防止しています)。
明珠会MLにメールを出しますと、明珠会会員でメールアドレスをお持ちの方全員にメールが送信されます。
2.執行部ML(sikko-bu@freeml.com)

明珠会執行部のためのメーリングリストです。
執行部役員のみを登録しております。
基本的には執行部内だけでの連絡事項・意見交換等の場です。
執行部役員以外からもメールが出せるため、執行部へ要望・意見・質問等がありましたら、直接メールを出して下さい(執行部MLの内容は執行部役員以外に公開されません)。
また、執行部へ要望・意見・質問等は執行部目安箱でも受け付けております。
3.電算化ML(densanka@freeml.com)

明珠会電算化委員会のためのメーリングリストです。
電算化委員のみを登録しております。
基本的には電算化委員会内だけでの連絡事項・意見交換等の場です。
電算化委員以外からもメールが出せるため、電算化委員会へ要望・意見・質問等がありましたら、直接メールを出して下さい(電算化MLの内容は電算化委員以外に公開されません)。
また、電算化委員会へ要望・意見・質問は電算化委員会目安箱でも受け付けております。
4.イベント幹事ML(kanzi@freeml.com)

明珠会イベント及び有志イベントの幹事をする方のためのメーリングリストです。
このメーリングリストはイベント幹事のための時限的なメーリングリストで、イベントが企画された時にその幹事役の方を全て登録し、イベントが終了した時点で削除します。
明珠会イベント有志イベントの「参加」「不参加」は全て明珠会HP上で行われ、その内容がイベント幹事MLに送信されます。
電算化委員会は明珠会イベントだけでなく、会員の皆さんがイベントを企画・参加者募集・イベントの実施・報告をサポートすべく、明珠会HPとイベント幹事MLを駆使してバックアップをしております。
一般会員の方はイベント幹事MLを意識することなく、明珠会の各種イベントに参加することが出来ますが、その裏ではこのイベント幹事MLが機能しています。
自分でイベントを企画・実施したい方はぜひ、有志イベント申請をして下さい。
電算化委員会はいつでもイベント幹事の方の味方としてご協力いたします。
5.卒業生ML(obog@freeml.com)

明珠会に在籍し、4年次末に卒業された明珠会OB・OGのためのメーリングリストです。
皆さんが明珠会に在籍し、卒業しても(メールアドレスをお持ちの方のみを)無料で卒業生MLに登録しますので、いつまでも明珠会と接点を持つことが可能です。
2001年度からの運用ですが、在校生とOB・OGとの交流の掛け橋となるメーリングリストです。
明治大学で学び、明珠会で共に活動し、交流を持った先輩に質問や相談がある場合等、卒業生MLにメールを出してみて下さい。
先輩方は暖かく貴方を迎えるでしょうし、貴方が明珠会のOBもしくはOGになった際にも、後輩を暖かく迎えて下さい。

ページトップへ



■メーリングリスト(ML)のしくみ


ページトップへ



■メーリングリスト(ML)の使い方


ページトップへ



■メーリングリスト(ML)での禁止事項



付記事項(ネチケットガイドライン(RFC1855)日本語版から抜粋+α)
1)チェーン・メールの禁止

いかなる内容であっても、同じ内容の転送を要求するメールを禁止します。
2)添付ファイルの原則禁止

ほんのちょっとのバイナリ・ファイルでも、メーリングリスト(ML)での配信は一気にインターネットのトラフィックを増大させます。
議事録等、テキスト・ファイルで回覧しなければならないもの以外は添付ファイルを禁止します。
3)HTML形式メールの禁止

メーリングリスト(ML)に参加している方全員がHTML形式のメールを受信できるとは限りません。
また、テキスト形式に比べHTML形式のメールはウィルスが混入しやすく、HTML.Prepend等のウィルスメールをメーリングリスト(ML)に送信してしまう危険性もあります。
4)明珠会規約基本3原則に悖(もと)るメールの禁止

商用目的の宣伝・広告
政治・宗教等の特定団体や特定個人の勧誘・宣伝・布教活動
その他、公序良俗に反する内容や明珠会および各種メーリングリスト(ML)の運営を妨げるメール(スパム行為を含む)

ページトップへ



明治大学公認社会人学生サークル「明珠会」
 All rights reserved, Copyright (C) 2000-
  MEISYUKAI, committee of Densanka.
 Produced by MEISYUKAI committee of Densanka